スポンサードリンク

MySQLをさらに活用するには、Accessがとても便利です。

MySQLのようなデータベースは、Accessなどのソフトウェアと一緒に使うと、簡単に業務システムが作れます。

組み合わせて使うことで、MySQLの活用範囲が一気に広がります。

MySQLは優れたデータベースですが、単独だと操作がコマンドプロンプトからになります。

プログラマーなど、データベースのSQLに詳しい人なら、コマンドラインでの入力でもかまいません。

SQL文を使うと、データベースと対話形式で、データを扱えます。

しかし一般ユーザー、例えば会社の事務職など、

詳しい知識のない人は、コマンドプロンプトからは操作できません。

そこで登場するのがマイクロソフト社のAccessのようなソフトウェアです。

Access自体もとても優れたデータベースですが、

何といっても開発環境として便利なのです。

Accessには、VBEという統合開発環境があるし、VBAというプログラミング言語が使えます。

VBAはプログラミング初心者でも比較的わかりやすい言語です。

業務システムなどの開発に向いています。

つまり、データベースには高機能なMySQLを使い、

ユーザー側の画面はAccessで作ると、効率的に業務システムが開発できるわけです。

MySQLとAccessをつなげる方法はいくつかありますが、

MySQLのテーブルをAccessのテーブルとしてリンクするのが一番簡単です。

リンクされたテーブルは、Accessのテーブルと同様に扱えます。

もちろん、追加、更新、削除などの処理は、ちゃんとMySQL側に反映されます。

他にも同じくMicrosoft社のVisual Basic というプログラミング言語や、JavaなどからもMySQLを操作できますが、

開発効率という点では、Accessが圧倒的に便利でしょう。

スポンサードリンク






MySQL初心者入門講座TOPへ