スポンサードリンク

MySQL 復習を兼ねてエリアテーブルを作成する。

今回は日本全国を分類するエリアテーブルを作成しますが、主な目的は2つあります。

・テーブル作成、データ追加の流れを復習する
・既存テーブルへフィールドを追加する準備

既存の T01Prefecture テーブルには PREF_CD と PREF_NAME の2つしかフィールドがありませんが、新たに AREA_CDというフィールドを追加して、エリアごとに分類できるようにする予定です。

今回作成するのは T00Area テーブルで、T01Prefecture テーブルから参照するために利用します。そのための準備だと考えてください。


MySQLに接続するユーザーは「pgtop」ですので、間違えないように気を付けてください。


【1】以下の図を参考にMySQLを開始・接続します。

1.コマンドプロンプトを起動します。
2.「net start mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。
3.「mysql -u pgtop -p -b」と入力し、「Enterキー」を押します。
4.パスワードを求められるので「12345」入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-114.gif

*「-b」オプションを付けて起動するとビープ音が出なくなります。


【2】以下のSQL文を入力し、使用するデータベースを選択します。

USE SampleDB040;
mysql-116.gif


【3】以下のSQL文を入力し、データベース内にあるテーブルを確認します。今は「t01prefecture」テーブルが1つあるだけです。

SHOW TABLES;
mysql-208.gif


ここから新しいテーブルを作成します。

【4】以下のSQL文を入力し、「Enterキー」を押します。


CREATE TABLE T00Area (
AREA_CD INT(3),
AREA_NAME VARCHAR(10),
PRIMARY KEY (AREA_CD)
);


mysql-209.gif


【5】メッセージが表示され、テーブルが作成されました。

mysql-210.gif


【6】以下のSQL文を入力し、データベース内にあるテーブルを確認します。

SHOW TABLES;
mysql-211.gif

「t00area」が作成されていることが確認できました。


【7】以下のSQL文を入力し、テーブルの構造を確認します。

DESC T00Area;
mysql-212.gif

テーブルの構造が表示されました。テーブル作成のSQL文と構造を比較すると、どう反映されているかがわかります。


【8】以下のSQL文を入力し、レコードを追加します。

INSERT INTO T00Area (AREA_CD, AREA_NAME) VALUES
(1,'北海道・東北'),(2,'関東'),(3,'信越・北陸'),
(4,'東海'),(5,'近畿'),(6,'中国'),
(7,'四国'),(8,'九州・沖縄');

mysql-213.gif


【9】メッセージが表示され、レコードが追加されました。

mysql-214.gif


【10】以下のSQL文を入力し、レコードを表示します。

SELECT * FROM T00Area;
mysql-215.gif

エリアデータが追加されていますね。以上で準備OKです。


【11】以下の図を参考にMySQLを終了・停止します。

1.「exit」と入力し、「Enterキー」を押します。
2.「net stop mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-87.gif


【12】コマンドプロンプトは閉じてください。


スポンサードリンク






MySQL初心者入門講座TOPへ