スポンサードリンク

MySQLの状態を確認する。

今回はMySQLのステータスを表示して、どのような設定になっているか確認する方法を解説します。

特に文字コードは文字化けの原因となりますので重要です。WindowsではMySQLの操作にコマンドプロンプトを使いますが、コマンドプロンプトからの入力は Shift-JIS になるため、それ以外の文字コードを使う場合は注意する必要があります。

Windows環境なら最初は Shift-JIS で始めたほうが設定の手間が省けます。MySQLに慣れてきたら、UTF-8やEUCなどネット上でよく使われる文字コードに挑戦するとよいでしょう。


【1】コマンドプロンプトを起動します。

mysql-60.gif


【2】MySQLを開始します。「net start mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-61.gif


【3】メッセージが表示され、MySQLが開始しました。

mysql-62.gif


【4】MySQLに接続します。

「mysql -u root -p」と入力し、「Enterキー」を押します。
パスワードを求められるので入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-70.gif

*パスワードはMySQLの初期設定で入力したものです。


【5】メッセージが表示され、MySQLに接続しました。

mysql-71.gif


次はMySQLのステータスを表示してみましょう。


【6】「status」と入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-72.gif

*見やすいように画面をスクロールしただけで、操作は上記からの続きです。


【7】MySQLのステータスが表示されました。

mysql-73.gif

MySQLのバージョン、現在のユーザー、文字コード、ポート番号などが確認できます。


【8】MySQLを終了します。「exit」と入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-76.gif


【9】MySQLを停止します。「net stop mysql」と入力し、「Enterキー」を押します。

mysql-77.gif


【10】コマンドプロンプトは閉じてください。


【ワンポイント】
文字コードなどの設定は「my.ini」で行なえますが、今回変更は不要です。ただしMySQLの初期設定で、データベースの文字セットを Shift-JIS 以外にした場合は設定が必要です。

C:\mysql → my.ini
mysql-74.gif

my.iniをエディタで開いた画面
mysql-75.gif


スポンサードリンク






MySQL初心者入門講座TOPへ