スポンサードリンク

ODBCを使いAccessからMySQLを操作する方法。

MySQLは複数ユーザーの同時接続や大量のデータを扱えるため、大規模なシステムにも対応できる優れたデータベースです。しかしMySQLは基本的にコマンドプロンプトからCUI(Character User Interface)による操作になります。

一般のユーザーがコマンドプロンプトから直接MySQLを操作することは少なく、PHPやJavaなどのプログラミング言語で作ったシステムからGUI(Graphical User Interface)で操作します。

システムが完成したら問題ないのですが、開発中にテスト用のデータを追加したり変更したいときに、CUIではちょっと不便です。開発中はもっと簡単にデータを操作したいですね。

実はMySQLにはODBCドライバが用意されているので、Accessのようなデータベースから簡単に操作することができます。ODBC(Open DataBase Connectivity)とはデータベースにアクセスするためのAPIです。

ODBCを使えばMySQLのデータベースを、まるでAccessのテーブルのように扱うことができます。

mysql-338.gif

高機能のMySQLと使いやすいAccessを組み合わせるとかなり便利です。一度設定してしまえばクエリやフォーム、レポートなどAccessの機能がそのまま使えます。

またAccessでユーザー側のシステムを開発することもできるし、Javaなどのプログラミング言語で開発する時にも、データベースが簡単に操作できると助かります。

AccessからMySQLを使えるようにするには以下の手順が必要です。

1.MySQL用のODBCドライバを入手
2.ODBCドライバのインストール
3.データソース(ODBC)を登録
4.Accessからテーブルのリンク

MySQL用のODBCドライバはMySQLのサイトからダウンロードすることができますので、次回に詳しく説明します。


【ワンポイント】

MySQLのデータベースをGUIで利用できるソフトは他にもあります。Accessの良いところはフォームやVBAを使ってプログラミングできることです。生産性のよいAccessを使えばMySQLを利用したシステムが簡単に作れます。


スポンサードリンク






MySQL初心者入門講座TOPへ